自動車保険 特約

自動車保険にはどんな特約をつけるべきなのか

自動車保険の乗り換え

自動車保険を契約するときに、迷ってしまうのが特約をどのように付加するかについてです。

 

基本保障である対人・対物はいざという時にそなえて無制限で契約する方が多いでしょうし、人身傷害や搭乗者傷害も、保険会社のおすすめの額で契約する方が多いでしょう。

 

そして、契約時に迷ってしまいがちなのが特約です。

 

自動車保険には、さまざまな特約が用意されています。

 

まずご紹介するのが、「個人賠償費用特約」です。

 

この特約は、自転車を乗っていて相手をけがさせてしまい賠償が必要になった際や、飼っているペットが噛みついて人にけがをさせてしまった際の賠償金にも使用できる特約です。

 

地方自治体によっては、自転車保険への加入が義務付けられている場合もありますので、単体で自転車保険に入っていない方や、火災保険にも個人賠償費用特約を付加していない方にはぜひおすすめしたい特約です。

 

多くの保険会社では最高1億円の補償が受けられますし、同居のご家族全員が被保険者となりますので、お子様が自転車に乗る家庭の場合にもおすすめです。

 

自転車による事故でも高齢者は重傷を負う場合も少なくありません。

 

決して安い保険料の特約ではないのですが、いざという時の安心の為に付加しておくことをおすすめします。

 

そして次にご紹介するのは「弁護士費用特約」です。

 

多くの会社では、示談交渉をサービスとして行ってくれますが、時には示談交渉が難航してしまうことがあります。

 

そのような場合に、弁護士に依頼をした場合、普通約款では弁護士費用までは担保してくれない保険会社が多いのが事実です。

 

事故の相手は選ぶ事ができません、示談交渉が難航した場合にも安心して弁護士に依頼できるように、「弁護士費用特約」を付加しておくことをおすすめします。

 

そのほかにも車載品の損害を保障してくれる「身の回りの品特約」といった特約や、相手方の車に時価額を超える修理費用が必要となった場合に保障してくれる「対物超過費用特約」など、普通約款だけでは担保してくれないさまざまな安心を提供してくれる特約が存在しています。

 

あれもこれもと付加してしまうと保険料が割高になってしまうのですが、いざという時の安心のためにも、必要な特約は契約時に厳選して付加しておくことをおすすめします。
また、その際はほかの保険契約と補償が重複してしまわないように、今契約しているすべての保険商品の補償内容を事前に見直しておきましょう。