自動車保険 対人賠償 対物賠償 無制限

自動車保険は対人賠償も対物賠償も必ず無制限で契約すべき

自動車保険の乗り換え

皆さんは、自動車保険に何のために加入していますか。

 

事故を起こしてしまった場合の賠償金に備えるため、という目的が一番大きいのではないでしょうか。

 

そのようないざという時にしっかりとした保険金を受け取るためにも、「対人賠償」も「対物賠償」も無制限で加入しておくことをおすすめします。

 

まず、「対人賠償」についてですが、これは人を轢いてしまい、けがをさせたり、死亡させたり、後遺障害を負わせてしまった場合に支払われる賠償金です。

 

どのような職業の、何歳の人が相手になるかはわかりません。

 

年収数千万円の人と年収数百万円の人では、賠償額の大きさが大きく異なります。

 

家族への生活費への賠償も含まれる為です。

 

時には数億円規模の賠償が必要な場合もあります。

 

そして次に「対物賠償」についてです、相手型の車への補償や、家にぶつけてしまった場合の補償、さらにはお店にぶつけてしまい、営業停止となった場合の費用の補償も考えなくてはなりません。

 

事故の相手が車とは限らないことを頭においておかなくてはならないのです。

 

特に、お店にぶつけて営業停止としてしまった場合には多額の賠償金を請求される場合もあります。

 

このように、「対人賠償」も「対物賠償」もいくらになるのか、事前に見当をつけることは非常に難しいのです。

 

また、なにより「無制限」をおすすめする理由として、「一億円」までと上限を決めても「無制限」としても、保険料に大きな差が無い事があげられます。

 

すこし保険料が安くなったからといって、いざという時に補償を受けられないのでは、自動車保険に加入している意味がありませんよね。

 

だからこそ「対人賠償」も「対物賠償」も無制限で加入してほしいのです。

 

また、賠償金が保険契約の上限額を超えてしまう場合になると、保険会社が示談交渉を行ってくれない場合があるのです。

 

ご自身で示談交渉をするのは非常に難しいですし、できれば避けたい事態ですよね。

 

いざという時の交通事故のために入る自動車保険です。

 

事故の相手も、場所ももちろん自分で選ぶ事はできません。

 

だからこそ、いざという時に備えて、「対人賠償」と「対物賠償」は必ず無制限で契約しましょう。

 

保険料を安くしたい方は、保険会社を通販型に変えたり、特約を減らしたりして調整するようにしてください。

 

事故の賠償金が足りずに自己破産なんてことになるケースもあります。

 

そうならないためにも、自動車保険には必ず無制限で契約しておきましょう。