自動車保険 見積もり

自動車保険の見積もりはどうやって行うべきか

自動車保険の乗り換え

皆さんは自動車保険の見直しを考えたことがありますか。

 

もし、自動車を購入したカーディーラーで言われるがままに保険契約をし、そのままその自動車保険を乗り換える事なく継続しているかたは、他社に乗り換えると、保険料が割安になる可能性が高いです。

 

なぜかというと、カーディーラーで契約できる自動車保険はいわゆる代理店型の保険会社の商品であり、代理店手数料分の保険料が上乗せされていることから、保険料が割高な場合が多いからです。

 

保険料を節約したい方は、代理店型ではなく、通販型やネット型といわれる保険会社で、一度自動車保険の見積もりをしてみることをおすすめします。

 

そして、この見積もりについてはいくつかのポイントがあります。

 

ネット型の保険会社の中には、満期日の何日以上で何割引きといった早割制度があるところが少なくありません。

 

そのため、満期ぎりぎりになって見積もりをしたのでは遅いのです。

 

遅くとも満期の2か月前までに一度見積もりを取ってみましょう。

 

2か月前であれば、50日前割引にも間に合うので、おすすめです。

 

そして、ネット型の場合は、お電話や書類でお申し込みを行うより、インターネット上で申し込んだ方が安くなる場合がほとんどです。

 

そのため、不安な方は一度電話で見積もりを依頼しておき、申し込みはインターネットから行うようにしましょう。

 

それだけで10000円の割引が受けられる場合もあります。

 

自動車保険の知識がある方は、インターネットで見積もりも可能ですが、その際にはかならず現在加入中の保険商品の証券を準備しておきましょう。

 

保険会社を乗り換える事で、補償が薄くなってしまってはいけないので、補償額や特約の内容を見比べながら見積もりを進めていく必要があります。

 

保険会社によって、特約の名称が異なる場合もありますので、注意書きを細かく読んでいったり、時には電話で相談してみるのもよいでしょう。

 

また、ネット型の保険会社であっても保険料の差は生まれます。

 

時には数千円の差がある場合もありますので、時間が許す限り、同じ条件での見積もりを複数社とってみることをおすすめします。

 

自動車保険の満期日は、保険会社の乗り換えのチャンスです。

 

1年に一回の機会を逃さないように、早めに見積もりを依頼するようにしましょう。

 

きっと驚くほど保険料の節約ができるはずです。

 

また、乗り換える際には、各社のオリジナルの割引もしっかりと活用するようにしましょう。