自動車保険 乗り換え 切り替え 満期前

自動車保険の乗り換え(切り替え)は満期前にできるの?

自動車保険の乗り換え

自動車保険は満期前でも乗り換えは可能です

ネットサイトを閲覧していくと、沢山の自動車保険会社が魅力的なサービスを打ち出しています。

 

万が一の事故の場合には、自賠責保険では得ることができない手厚い補償を行うことができるとして、自動車に乗る方は任意保険の自動車保険に加入することは必須です。

 

ただ本来は満期での解約を行い、それで自動車保険を毎年変えることがデメリットも少なく、おススメとなります。

 

しかし契約途中で車変更があった場合や車の保険を途中で内容変更する場合などは、自動車保険を乗り換えるタイミングとなりますが、原則としていつでもメリットやデメリット面がありながらも自動車保険の乗り換え自体は行うことが可能です。

 

満期前での乗り換えには3つのデメリットがある

自動車保険の乗り換え
自動車保険を乗り換えるタイミングには、満期前が存在しますが、新しく加入する保険の乗り換えキャンペーンを受けることができる場合があります。

 

その内容はネット割引や新規加入割引などの特典で加入者にとってのメリットがあるものが多いです。

 

しかし満期前での乗り換えは、3つのデメリットが見られ、まず満期での返金が日割計算ではなくそれよりも安い金額になります。

 

そして等級アップ自体が遅れてしまい、追加の保険料の負担が発生する懸念も生じます。

 

今までの補償内容やサービス内容が悪くなる場合も存在することもあります。

 

つまり自動車保険を切り替える注意点には、今までの保険料も高くなったり条件も今までよりも悪くなってしまうケースがある点です。

 

従って自動車保険を毎年変えることは、デメリット面も多く見られるため、満期での解約を待って、新しい自動車保険に加入することがポイントとなります。

 

デメリットを受けたくない場合には、現在加入している自動車保険の満期での更新がおすすめです。

 

自動車保険を契約途中で変更したい場合の最適な方法とは

自動車保険の乗り換え
原則として自動車保険は、長期にわたり継続して加入していき、等級が上がれば保険料の割引にも繋がっていきますので、長期継続が好まれます。

 

契約途中で車変更や車の保険を途中で内容変更があっても、事故歴や等級自体を引き継ぎさせることができるので、満期前の解約はデメリット面の方が多いかもしれません。

 

しかしどうしても自動車保険を契約途中で変更したい場合には、出来る限りデメリット面を抑える工夫が必要となり、現在の等級が高ければそれを引き継ぎされる様にすると良いです。

 

その方法としては「保険期間通算特則」が適用できる保険会社を選択すると良く、その保険会社を選択すると乗り換え前の等級をそのまま引き継ぐことができます。

 

これは乗り換えキャンペーンよりも優れたことなので、保険会社選びの一つにもなります。

 

なお乗り換えキャンペーン狙いで自動車保険を毎年変えるという方法も存在しますが、これだと手続きが面倒で、自動車保険に加入していない空白の期間をない様にするため、満期での解約と同時に新たな自動車保険の加入が必要です。

 

自動車保険を乗り換える手続きについては、以下が参考になります。

 

>>自動車保険を乗り換えるための手続き方法は?手順、必要書類、連絡するタイミングを解説!中断証明書の疑問も解決します!